LAUGHING DOG

将を射んと欲すればまず馬を射よ

陰。吊革三本分の空間を占有し、新聞紙を平行に近い状態で読んでいる為に、通路中央に大幅に寄っている身なりの良い男の背後に立つ。それだけの事をしているにも関わらず、吊革に捕まった小生の外套の袖が後頭部に触れるのを異様に気にし睨んでくる。こんな人間に関わってはいけない。この世で一番嫌いな種類の人間なり。小生は機会を計り男から離れる。昼餉に五目飯・カップヌードルを食す。雲は薄いが風が強い。夕餉にほうれん草の胡麻和え・おでんを食す。立山を呑む。" TV版アキハバラ@DEEP " を読む。